初再生

 軟水器の初再生を先週の土曜にしたのだけど、10日使って塩500gじゃ足りなかった気がして来たので(実際どうかは分かりません。まだビギナーなので(笑))昨晩にもう500gで再生。
 
 再生後、流したお湯を捨てるのがもったいないので、お風呂のお湯にしてみた。
 どうせ上がったらすぐ捨てるし、バスソルトとかあるくらいだしいいじゃんと思って(笑)
 ま、ただの塩辛いお風呂になっただけで、何がいいとかはなかったんだけどさ(笑)
 再生には、ミネラル入りの塩とかは使えないので、ほんとにただの塩たからな(笑)
 
 塩でベタつくのがいやな感じだったので、もうやらない(笑)

軟水器の内訳

 最近買った軟水器。
 近くのホームセンターに同じ部品が売っていたので、材料費を計算してみました。
 ホームセンターで見つからなかった物や、ホームセンターの物じゃない部品もありますが。

ぬるり軟水

 せっかく軟水器を導入したのに、全然感想とか書く時間がありませぬ(;_ゞ
 
 使った初日は、確かに石鹸で洗った後に流すと「ぬるり」とはするけど、特に泡立ちが良くなったとは感じませんでした。
 (軟水だと、石鹸を流した後、石けんカスになる代わりに脂肪酸になるので、ヌルっとするらしい)
 今は、ボディタオルに石鹸をこすりつける回数が今までの半分くらいで、充分に泡立つ(最後まで泡が消えない)ようになりました。
 もしかしたら、始めの内はボディタオルに石鹸カスが残ってたからなかなか泡立たなかったのかも。
 
 軟水は保湿効果があるらしいので、昨日のお風呂上がりは、毛先だけに椿油をつけてみた。

軟水器届いたよ

 2日に、軟水器届きました。
 順調に使えてます。
 石鹸で手を洗って流した時のヌルっとするのが不思議なかんじ。
 慣れるまでは、石鹸が落ちたかどうかが分かりにくい(笑)
 
 洗面所に吸盤式のシャワーフックをつけて、洗面所でも使えるようにしてみた♪
 お湯を出時にはお風呂場の蛇口をひねらないといけないから少々面倒だけどね(笑)
 これで朝の洗顔でも軟水が使えます。
 
 で、前に書いていたとおり、塩ビのパイプとペットボトルの蓋で再生アダプターを自作しました。
 強度を調べるために、ペットボトルに水を2リットル入れて、軟水器に取り付けてゆっさゆっさしてみたけど、なんともない(笑)
 頑丈そうでホッとしました。
 で、付いてきた“再生アダプター”という名のただのゴムホースは、やっぱり水漏れしますね……。
 でも、その“再生アダプター(ゴムホース)”を使えば、家にあるゴムホースと繋げられるみたい。
 ちょっと水漏れするけど、シャワーホースじゃ洗濯機まで届かないし、これで軟水洗濯がやりたい時にできます。
 また今度、ちゃんとホースを繋げられるものを買ってきてもいいけどね(^^;
 
 何回か使ってみて、蛇口を締めてからお湯が止まるまでがえらい遅いな~というのがちと気になっていたのですが、制作者が“活性炭フィルター”と呼んでいるところに、炭入り紙パック(飲料水用)を入れていたせいでした。
 塩素が少しでもマシになるかと思って入れたけど、こんなに水切れが悪くなるんじゃちょっとなぁ…というかんじ。
 もともと、真ん中の黒い筒は“活性炭フィルター”でもなんでもないもんな…。
 
 軟水器で出した水を加湿器に使ってみて思ったことは、ホントは浄水器にも通した方がいいんだろうなーということ。
 蒸発皿部分にフィルターが付いているのですが、それに茶色い汚れが染みこんでました。
 今までも茶色く汚れていたので、水道水ってあんがい汚いんだナーと思ってたけど(浄水器のフィルターの汚れも茶色いもんなぁ)、それより茶色が濃くなって、水にも茶色ーい色が流れ出していました。
 軟水器に初めて水を流した時に茶色い水が出たのですが、その色に似てる。
 イオン交換樹脂の色なのかなー。長く使っているとなくなるかしらん?
 蒸発皿のこびりつき汚れはかなり減ったようなので、つらかった蒸発皿のゴリゴリ掃除はラクになりそうです。
 
 やはり浄水機能付きシャワーヘッドを買うべきかなぁ…。
 今のシャワーヘッドも結構高かったので、ツライ(;´Д⊂)
 (軟水器を使うと水の勢いが弱くなるので、節水機能付きの「まもり髪」くらいしかないんかな…。11,000円か…うは…)